パワーをつけるときに絶対にやってはいけないこととは?

パワーをつける=筋トレ は間違い!? 

こんにちは、池田です。

“筋トレ”

といえば、どんな人を思い浮かべますか??

スポーツ選手
体を動かすのが好きな人

といった方々じゃないでしょうか。

成績を伸ばしたい
より運動を楽しみたい
運動だけでなく、他のパフォーマンスもあげたい
疲れにくい体を作りたい

そんな方に必要なものが

“パワー”

です。

しかしながら、パワーについて
間違った見解をしている人が多すぎるのが現実です。

それはパワーをつけるために
極限まで身体を大きくしていることです。

一瞬、

「身体を大きくして何がおかしいの?」

と疑問を持ったかもしれません。

そう、間違った見解なんです。

理にかなっているように思えますが、
身を滅ぼす可能性があります。

今日はその“間違っている筋トレ方法”
について話します。

 

メジャーリーガーは必ず身体を壊している!?

 

プロ野球選手はメジャーに行くと、
必ずといっていいほど
身体を大きくしようとしてしまいます。

筋トレが原因でカラダを壊した選手も少なくありません。

人間は、自分に適さない筋肉量をつけると
まず靭帯が耐えられなくなってしまいます。

例えば、

ダルビッシュ有(レンジャーズ)の右肘側副靭帯の損傷
田中将大(ヤンキース)の右肘靭帯部分断裂

他、松坂大輔、和田毅、藤川球児など…。

いずれの選手も靭帯を損傷。

ダルビッシュは、
身体を大きくするために無理矢理食べました。

かつて、桑田も筋トレして勝てなくなった時がありました。

そして、桑田の専属トレーナーは
プロレスラーのトレーナーでした。

メジャー挑戦→バルクアップ→靭帯損傷→手術→引退

という負のコースが定番になってきました。

このような事例からも
筋トレで身体を大きくすることはお勧めしません。

もちろん、筋肉が資本のボディビルダーは別です。

しかしながら、前提的に
スポーツ選手は筋肉の人ではありません。

余分な筋肉をつけてはいけないということです。

そこを理解していただきたいです。

大谷選手のサポートサイドから相談を受けたこともありました。

しかしながら、

「メジャーを目標に身体を大きくする」

と言っていました。

当然ながらやめるように伝えました。

メジャー選手は元の身体・骨格の大きさが違います。

日本人は日本人にあった身体作りがあるので、
海外の人のような鍛え方をしてはいけません。

日本の選手はしなやかさで勝負すべきです。

そう、しなやかさです。

 

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です