人間関係に悩まない秘訣

こんにちは。
池田です。

今回は、

「人間関係に悩まない秘訣」

というテーマで
少し詳しくお話させていただきます。

私たち人間が生きている上で抱える悩みは、
一般的には、大別して以下の3つに集約されると
言われております。

「お金」
「健康」
「人間関係」

その中でも、
人間関係の悩みは、

これを読んでくださっている
あなたを含めて、どんな方にとっても
少なからず、抱えている悩みの1つと言えるでしょう。

そして、その悩みは
ご自身でも、問題を抱えていることに
気付いてはいても、

簡単には
解決することができない、という方が
多いのではないでしょうか?

では、
あなたが望んでいる、
人間関係というのはどういうものでしょうか?

例えば、

・上司や後輩に信用されたい
・周りの人に尊敬されたい
・夫婦円満でいたい
・顧客の信用度を高め営業で成績を上げたい
・親子関係を良くしたい

など、

人によって、
望んでいる人間関係は様々だと思います。

このように、
あなたが普段から悩んでいる人間関係を解決したり
あなたが望む人間関係を手に入れたりするために

これから、お伝えする内容を
ご活用いただければと思います。

理解すること・許すこと

そもそも、なぜ
友人関係や恋人関係、家族、ビジネスパートナーなど
人間関係ですれ違いや問題が起きてしまうのでしょうか?

あなたは、その原因を
真剣に考えたことはあるでしょうか?

その答えの1つとして、
相手のことを、

あらゆる視点を持って「理解できていない」
そして
自分との違いを「許せない」

ということが
大きな要因と言えます。

しかし、

「相手を理解する」
「自分との違いを許す」

と、言葉では簡単に言えますが
具体的にはどのようにしたら良いのか、
より詳しく掘り下げてみましょう。

1つの視点

人と人とが衝突するとき、というのは、
経験や価値観から自分が「正しい」と思ったことや、
自分が「当たり前」と思っていることが、

相手とは異なり、かつ自分も相手も
お互い引かないときに起こります。

お互いの「正しさ」が噛み合わず、
正しさを押し付けあうことで、関係性が悪化していく、

という流れです。

例えば、
ゲームばかりやる息子と
それを注意する母親を想像してみてください。

母親が息子に、
「ゲームばかりしないで、勉強をしなさい!」

と注意して、それに息子は反発をします。

このとき母親としては、
「ゲームより勉強の方が子供にとっては重要で優先するべき」
と考え、

息子としては、
「ゲームが楽しいのはもちろんあるけれど、流行りのゲームを知らないと
友達からハブられてしまうのが怖い」

と考えている。

ここで、起きているのは

「お互いの考え方への理解不足」や
「お互いの正しさのぶつかり合い・すれ違い」

です。

つまり、「自分の視点」、「自分の正しさ」
という、一方向からしか、相手を見ていないため
相手を理解したり、許したりできない、

と言うことです。

人を理解・許すための第一歩

つまり、何が言いたいかというと

血縁関係である母親と息子ですら、
各々の経験・価値観・立場・環境が異なり、

ましてや、他人ともなると
さらに、違う考え方や価値観を
もっているでしょう。

そんな、様々な要素で異なる者 同士が
「理解し合う」、「許し合う」ためには、

1つではなく
「あらゆる視点」から
相手や物事を見る、

ということが必要なのです。

「あらゆる視点を持つのは難しいのでは?」

と思うかもしれませんが、

まずは、このような考え方を
「知る」ことから始めてみましょう。

「相手を理解する」ということは
= あらゆる角度から、その人の言動を捉えるということ。

そして、それが
人間関係の悩みを解決する第一歩

という知識をもっているだけでも
人間関係に悩まされる機会が
格段に少なくなります。

とにかく、まずは

「1つの見方に囚われず、
いろいろな視点を持つ」

ということを意識することから
始めることを、お勧めします。

そして、もしあなたが人間関係の悩みを
少しでも抱えているならば、

それを好転させる
きっかけにしていただけると幸いです。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です