自分と向き合おう

ストレス社会と精神的な病

ストレスを感じることが多い社会の中で
あなたは十分に休養できていますか?

現代は、鬱などの精神的な病を
患う人が増えています。

ニュースでも、過労死や、鬱で引きこもる人が増えている
という報道もよく見かけます。

そして、一般人だけでなく、テレビに出るような有名人でさえ
このように精神的に病んでいる人が多くいるのです。

ストレスを解放する方法

  • 人間関係でトラブルがある
  • 集中が出来ない
  • 仕事で成果が出ない
  • 疲れが取れない
  • 寝つきが悪い
  • 仕事がはかどらず残業の毎日

など

ストレスの原因を多く抱えて、そのダメージを感じている人が
多いのではないでしょうか?

自分の時間を奪われて、職場と家の往復を繰り返している。
仕事をして、食事をして、睡眠をとる、を繰り返す毎日を機械的に過ごす。

もし、このような生活をしているのであれば

「自分と向き合う時間を増やす」

ということをしてみてください。

自分だけの時間

あなたは今、自分だけに集中できる時間がありますか?

もしかしたら、気付かないうちに何も考えず
自分に意識を向けることを忘れて生きているかもしれません。

1日30分でもいいです。

自分と向き合ってみましょう。

好きな音楽を聴いてみたり
読書をしてみたり

自分だけの時間をとってリラックスしましょう。

人は自分以外の人がいるだけでストレスを感じます。

これが、家族や親しい人だろうと関係ありません。

生物学的に、自分以外の生物が近くにいると
意識していなくてもストレスを感じています。

ですから、少しでも自分だけの時間を確保しましょう。

本能に身を任せる

例えば、広い場所で寝るのも効果的な方法です。

広くて大きいベッドで
身体を大きく伸ばして寝たら気持ちいいですよね。

なぜなら、人は本能的に、リラックスをしたいとき
広いところを求めるようになっているからです。

しかし現実的に、いきなり広い場所を確保して寝たり
一人だけの時間を作ることは難しいかと思います。

そこで別の方法として、たとえ周りに人がいても
自分にフォーカスを当てようという目的のために行われるのが

瞑想です。

 自分以外の生物が周りにいても集中して
リラックスをすることができるのです

しかし、とは言うものの
いきなり瞑想をやれと言われても
これも、なかなか難しい。

そこで、手短に集中しやすい方法が、読書です。

読書に集中することで、自分だけに集中できる時間を
作ってみましょう。

ストレスや、疲れを感じる人は
ぜひ、自分と向きあう時間を1日最低限30分ほどとるように
心がけてください。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です